FANDOM


This article is a Article stub that is short and needs improvement.
You can help the Duel Masters Wiki by expanding it.
Resolution
解決 (Kaiketsu)
dm-wiki: [http://dm-wiki.net/?%B2%F2%B7%E8 Article[

Resolution is the act of using the abilities on a card in the order they are written.

Details

Spells, activated abilities, and Trigger Ability are each resolved.

After the ability resolves, an effect is produced.

Rules of Resolution

解決のルール 1.同時に誘発したトリガー能力は、 アクティブ・プレイヤーのカードから先に、好きな順番で解決する 。

例)自分のターン、バトルゾーンに自分と相手の《雷鳴の守護者ミスト・リエス》がいる時に、自分が《青銅の鎧》を召喚した場合。

この時、アクティブ・プレイヤーは自分であるため、能力の解決順は次のようになる。

  • 1) 自分の《ミスト・リエス》か《青銅の鎧》の能力を解決。
  • 2) 自分の《守護者ミスト・リエス》か《青銅の鎧》のうち、先ほど解決していない方の能力を解決。
  • 3) 手の《ミスト・リエス》の能力を解決。


これ以外の手順での解決はできない。よって、自分の《ミスト・リエス》→相手の《ミスト・リエス》→自分の《青銅》という順番はできない。


2.呪文や能力の解決中に、 別の呪文や能力を解決することは出来ない 。

例)《フォース・アゲイン》で《悪魔神デスモナーク》を選んだ場合

  • 1) 《フォース・アゲイン》の「自分のクリーチャーを1体破壊~バトルゾーンに出す。」を解決する。
  • 2) 《悪魔神デスモナーク》(以下《デスモナーク》)の「このクリーチャーが破壊された時、~バトルゾーンに出してもよい。」を解決する。

なお、《甲型龍帝式 キリコ³》や《聖霊左神ジャスティス》は「呪文を唱える」という能力なので、能力の解決中でも呪文を唱えることができる。


3. 常在型能力の適用は、能力の解決に先んじて 行う。

例えば、《希望の親衛隊ファンク》のパワー低下は常在型能力なので、《希望の親衛隊ファンク》がバトルゾーンにある限り、常に効果を生み出し続ける。

この時にパワー1000の《青銅の鎧》を出すと、即パワーが0になって破壊される。ただし、その後でcipを解決するので、マナブーストはできる。


4.クリーチャーが 別々のトリガー能力を持つ場合、それらは好きな順番で解決できる 。

例)《時空の邪眼ロマノフZ》は以下の2つの能力を持つ。

自分のターンのはじめに、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。
覚醒-自分のターンのはじめに、自分の墓地に呪文が10枚以上あれば、墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、このクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。

これらはそれぞれ独立した能力なので、プレイヤーが好きな順番で解決してもよい。


5. 単一の能力が複数の効果をもたらす場合、順番を選ぶことはできず、上から実行しなければならない 。 例)《常勝ディス・オプティマス》は以下の能力を持つ。

「スペース・チャージ:光/水 SC―光:呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。 SC―水:自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。その後、自分の手札を1枚裏向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。

[[]]

/


《時空の邪眼ロマノフZ》の場合とは異なり、スペース・チャージはこれで一つの能力である。よって、書かれている通りに上から実行しなければならない。

能力が独立しているかどうかは、「■」で区切られているかどうかを見れば判別できる。


6.呪文能力も、上から順番に解決しなければならない 。 例)《ガンヴィート・ブラスター》を唱える場合。

呪文能力は書かれている通りに上から解決するため、「相手のクリーチャーを1体破壊する。」→「相手は自身の手札を2枚選んで捨てる。」の順番で実行する。

クリーチャーの能力とは異なり、呪文能力が「■」で区切られていたとしても、 必ず書かれている順番で解決する 。混同しないように注意。 特に《超次元ホワイトグリーン・ホール》で《勝利のプリンプリン》を出した際の処理でこのルールが重要となった。

Other

  • ゲームを始めたばかりの初心者にはやや理解しにくい事項のため、ルールブックなどでは詳細には解説されていないが、これを知っておかないとゲームにならないほどに重要な事項である。
  • 解決の順序によっては結果がまるで異なることもあるので、注意が必要。特に複雑なコンボの場合、解決順を間違えるとコンボが成立しなくなり、命取りとなる場合もある。
  • トリガー能力の解決は、誘発した順ではなく、自分の好きなように解決してよい。例えば、《ヘブンズ・ゲート》で《知識の精霊ロードリエス》と《奇跡の精霊ミルザム》を出した場合、ドローとウルトラシールド・プラスを好きな順番で解決する。この時、実際にトリガーした順でなくとも構わない。

Other

  • ゲームを始めたばかりの初心者にはやや理解しにくい事項のため、ルールブックなどでは詳細には解説されていないが、これを知っておかないとゲームにならないほどに重要な事項である。
  • 解決の順序によっては結果がまるで異なることもあるので、注意が必要。特に複雑なコンボの場合、解決順を間違えるとコンボが成立しなくなり、命取りとなる場合もある。
  • トリガー能力の解決は、誘発した順ではなく、自分の好きなように解決してよい。例えば、《ヘブンズ・ゲート》で《知識の精霊ロードリエス》と《奇跡の精霊ミルザム》を出した場合、ドローとウルトラシールド・プラスを好きな順番で解決する。この時、実際にトリガーした順でなくとも構わない。

Other Effects and Abilities

Other Effects

Other Abilities

Rulings

From the Duel Masters - General Game Rules: Version 1.13 (March 16th, 2018)

  • 605. Resolution
    • 605.1. If there are pending abilities, the active player chooses which one to resolve first among their pending abilities in any order. It does not matter in which order the abilities became pending abilities.
    • 605.2. Resolution is divided into several steps.
      • 605.2a If a triggered ability has a condition, it checks whether it is satisfied at the time of resolution. If it isn't, the ability does nothing. Otherwise, it continues to resolve.

        Example: Spatio-temporal fighting kill The awakening ability of the kill always triggers at the beginning of your turn. Before turn Even if there are no more than 6000 creatures of your power in the battle zone, - If there are more than 6000 creatures, you can reverse it to the one with the larger cost It is Noh.

      • 605.2b When choosing cards or abilities, choose as much as possible within the range that you can specify. If you cannot choose, the effect will do nothing. If that card or ability has other effects, they are processed as usual. If the effect applies on everything in a context, then nothing is chosen.
      • 605.2c Cards and abilities are resolved in the written order. However, replacement effects may modify these actions. In some cases, later text on the card may modify the meaning of earlier text.
      • 605.2d If an effect requires information from the game, the answer is determined only once, when the effect is applied. If the effect requires information from a specific card, the effect uses the current information of that card. If an ability states that a card does something (eg. while battling), it’s the card as it exists that does it, not the ability. If a continuous effect requires information from a card, it checks only for the value of the specified characteristics (civilization, race, name, cost, power).

        Example: Creatures with the ability to "have all civilization when in the battle zone" Destroy a char. If that is the case, put a creature with the same civilization from your hand If you select by effect, it checks the information at that time (when it is in the battle zone).

        Example: If the command is in the command while the effect "command can not be attacked" is applied If you evolve into a creature you can attack it.

      • 605.2e As the final part of a spell's resolution, the spell is put into its owner's graveyard. As the final part of an ability’s resolution, the ability ceases to exist.
    • 605.3. If the card being resolved is a creature or a cross gear, it is put into the battle zone. If the card is a castle, it is put into its owner's shield zone.

From the Duel Masters - General Game Rules: Version 1.13 (March 16th, 2018)

  • 605. カードの使用や能力の解決
    • 605.1. 解決にあたって, 待機状態の効果のうちターン・プレイヤーから自分の効果を好きな順番で解決していきます.効果がいつ待機したかの順番は関係ありません.
    • 605.2. 解決はいくつかの手順に分かれます.
      • 605.2a 誘発型能力が条件を持つ場合, 解決時にそれを満たしているかどうかを確認します.満たされていなければ何も行ないません.そうでなければ, 解決を続けます.例:時空の喧嘩屋キルの覚醒能力は自分のターンのはじめに常に誘発します.ターン開始前にバトルゾーンに自分のパワー6000 以上のクリーチャーがいなくても, 解決までの間にパワー6000 以上のクリーチャーが存在することになれば, コストの大きいほうに裏返すことが可能です.
      • 605.2b カードや能力が何かを選ぶ場合、指定できる範囲で可能な限り選びます。選べない場合その効果は何もしません。そのカードや能力が他の効果を持つ場合、他の効果は通常通り解決します。「すべて」と記載されていた場合は選んでいるわけではありません。
      • 605.2c カードや能力は書かれた順序で解決します.但し, 置換効果によってこれらの行動が変更され, 以前の指示の意味が変わることもありえます.場合によっては, カードのテキストで後のほうに書かれた文章が, 前の文章の意味を修整することがあります.
      • 605.2d ゲームの情報を必要とする場合, その値はプレイヤーがその処理を実行する時に一度だけ決定されます.効果がカードの特定の情報を必要とする場合, そのカードが選ばれた時点の状態での情報を用います.カードが何かする(バトルなど)と書いてある能力の場合, 実際にそれを行うのはカードであり, 効果ではありません.継続的効果がカードの情報を必要とする時, そのカードの特性(文明・種族・名前・コスト・パワー)の情報を常にチェックします.例:「バトルゾーンにある時, すべての文明を持つ」能力を持つクリーチャーを, 「クリーチャーを 1 体破壊する.そうしたら, それと同じ文明を持つクリーチャーを自分の手札から出す」効果で選んだ場合, それはその時点での情報(バトルゾーンにある時)をチェックする.例:「コマンドは攻撃できない」という効果がかかっている状態でコマンドがコマンドではないクリーチャーに進化した場合, それは攻撃できる.
      • 605.2e 呪文の解決の最終段階として, その呪文は墓地に置かれます.能力は, その解決の最終段階として消滅します.
    • 605.3. 解決されているカードが呪文以外である場合, カードがクリーチャーかクロスギアであればバトルゾーンに出ます.カードが城であれば, シールドゾーンに置かれます.

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.