FANDOM


Holy Fist Saga
Japanflag 聖拳編エターナル・アームズ (Seiken Hen)
Icon(s): Dm-10 icon Dm-11 icon Dm-12 icon Dm-13 icon
Next: Reincarnation Saga
Previous: Fighting Spirit Saga
Dmwiki: Article (block)
Article (metagame)

Holy Fist Saga is the 3rd block of card sets in the Duel Masters trading card game.

List of Sets

It is composed of sets released between May 31, 2004, and March 26, 2005.

DM Sets

DMC Sets

It also features promotional cards from Year 3.

Plot

The war has turned the world into a dangerous world and in this moment, the war broke the rainbow and caused creatures that consist of multiple civilizations and races to be born. However, these creatures had generated hate among other creatures and they formed Wave Strikers to counter them. However, in the middle of the war, the depths of the Fiona Woods erupted and created terrifying multicolored evolution creatures known as "Avatars" (Or "Kings" in Japanese) who want to rule the world.

Timeline

Details

デュエル・マスターズ3番目のシリーズ。 「聖拳編」と書いて「エターナル・アームズ」と読む。 古参のプレイヤーが今でも強く印象に残っているほどの大人気シリーズであり、デュエル・マスターズそのものの人気を大幅に押し上げたシリーズでもある。その影響力はとても強く、映画化までされるほど。 しかし、その反面カードパワーのバランスが微妙で、極端に強すぎるカードも多い。悪名高き《無双竜機ボルバルザーク》も《炎槍と水剣の裁》も《母なる大地》も《魂と記憶の盾》も《英知と追撃の宝剣》も《パシフィック・チャンピオン》も全てこのシリーズのカード。 「エターナル・アームズ」というのは「永遠の武器」という意味で、あらゆる時代を通してこのシリーズのカードが活躍できるようにと名づけられた。その試みは見事に成功し、多数収録された新機軸カードは、インフレがだいぶ進んだ現在でも様々なデッキタイプで活躍するものはそれなりの数がいる。しかし、同時に多数の殿堂入り、プレミアム殿堂カードを輩出してしまったため、この名称は皮肉なものとなってしまった。

このシリーズでは初めて多色カードが登場し、このシリーズのメインテーマにもなった。 それに併せて多種族のクリーチャーや、バトルゾーンの文明の総数をチェックするカードなども初登場。

このシリーズに当てはまるエキスパンションは、

上述の通り多色カードが初登場。メタゲームを席捲する数多の強力カードを収録した大人気120枚セットDM-10 「聖拳編(エターナル・アームズ) 第1弾」 多色の強力呪文であるエターナル呪文に加え、新勢力ウェーブストライカーが登場したDM-11 「聖拳編 第2弾 無限軍団の飛翔(エターナル・ウェーブ)」 新たな進化システム進化Vが生まれ、多色進化獣とその進化元を主体としたDM-12 「聖拳編 第3弾 魔封魂の融合(エターナル・ボルテックス)」 対抗色の多色カードが初登場、種族同士で助け合うシンパシー能力も生まれたDM-13 「聖拳編 第4弾 龍炎鳳神誕(エターナル・フェニックス)」 の4つ。 デュエル・マスターズ史上初のインフレを起こしたシリーズとも言われ、殿堂入り、プレミアム殿堂カードでなくとも、当時としては明らかなオーバースペックを誇るカードが多い。特にDM-10 「聖拳編(エターナル・アームズ) 第1弾」、DM-11はそれが目立った。それ以外にも、癖が強かったり、新たなデッキタイプを想起させてくれるような面白い能力を持ったカードも多く、これらはDM-12、DM-13に多く見られた。高いカードパワーに加え、斬新な能力が多いことが、このシリーズが人気を博した要因であると言える。

しかし、やりすぎな面も目立ち、このシリーズの序盤から登場した《無双竜機ボルバルザーク》はこのカードの禁止化を求める署名運動までもが行われる問題を引き起こしている(詳しくはボルバル・マスターズ)。《ボルバルザーク》だけでなく、他にも環境に大きな影響を与え、殿堂入り、プレミアム殿堂に指定されたカードは以下の通り、多く存在している。

DM-10 「聖拳編(エターナル・アームズ) 第1弾」 《無双竜機ボルバルザーク》(殿堂入り→プレミアム殿堂) 《母なる大地》(《龍仙ロマネスク》とプレミアム殿堂コンビ→殿堂入り→プレミアム殿堂) 《魔天降臨》(殿堂入り) 《転生プログラム》(殿堂入り→プレミアム殿堂) 《大勇者「鎖風車」》(殿堂入り) 《黒神龍ブライゼナーガ》(殿堂入り) 《セイレーン・コンチェルト》(殿堂入り) DM-11 「聖拳編 第2弾 無限軍団の飛翔(エターナル・ウェーブ)」 《英知と追撃の宝剣》(殿堂入り) 《魂と記憶の盾》(殿堂入り) 《次元の霊峰》(殿堂入り) DM-12 「聖拳編 第3弾 魔封魂の融合(エターナル・ボルテックス)」 《ラッキー・ダーツ》(殿堂入り) 《クローン・バイス》(殿堂入り) DM-13 「聖拳編 第4弾 龍炎鳳神誕(エターナル・フェニックス)」 《無双恐皇ガラムタ》(殿堂入り) 《パシフィック・チャンピオン》(殿堂入り→殿堂解除) 《炎槍と水剣の裁》(殿堂入り→プレミアム殿堂→殿堂解除) このシリーズより、能力テキストに変化が見られた。

「このクリーチャーがバトルゾーンにある間」→省略 「バトルゾーンに出たとき」→「バトルゾーンに出した時」 「(バトルゾーンからクリーチャーを)持ち主の墓地に置く」→「破壊する」 「(手札から)持ち主の墓地に置く」→「捨てる」 能力テキストに書かれているクリーチャー名→《》の使用 スレイヤーの括弧内説明 「このクリーチャーとバトルした相手クリーチャーは、勝っても持ち主の墓地に置かれる」→「このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する」 現在は全て絶版。DMC-34 「コロコロ・ドリーム・パック2(エターナル・レガシー)」は、このシリーズを中心にカードが再録されている。 「多色を扱ったエキスパンションは人気が出る」というジンクスが初めて実現した例である。後の革命ファイナルもそれを示している。 原型はMagic:The Gatheringのエキスパンション「インベイジョン・ブロック」。そちらも歴代のカードセットの中でトップクラスの人気を誇る。 共通点として、シリーズの途中まで二色カードが全て友好色の組み合わせであり、シリーズ最終エキスパンションのみ二色カードが全て対抗色の組み合わせであることが挙げられる。

  • Card power drastically increases.
  • The greatest dark age of the Duel Masters Metagame starts as Bombazar, Dragon of Destiny dominated most of the metagame, while other cards are created to support it.

Metagame

DM-10 Stage

At the start of the metagame, Light Water Darkness Aquan decks were running in the top of the meta. The major races of all civilizations had gained reinforcements as well, with the best being Initiates. As a result, Aquan turned from a Guardian core to an Initiate core.

However in the same time, in the championships of 2004, while many thought Aquan, Hell Slash and Rush will win, the winner of the tournament was a Steroid deck with Bombazar, Dragon of Destiny, who was thought to be weak due to its Alternate Loss Condition. And thus the start of Bolbalmasters begins.

And then Bombazar evolved from the Steroid Beatdown to using Water's draw power to prevent depletion of the hand, turning it into Bombazar Blue. At that time Bombazar was not flooding the metagame with its colors, and the national championships was won by Bombazar Blue.

DM-11 Stage

Now the high cardpower removal spell Miraculous Snare and spell recovery Belix, the Explorer appeared and thus Water Darkness Fire Hell Slash now used Light. Now it was a metagame with 4 types of decks, namely Aquan Initiates, Rush, Bombazar Blue and Wave Strikers.

However, the next Hall of Fame shifts threaten to black out the metagame and threatens to potentially end the history of duel masters.

DM-12 Stage

And the latest Hall of Fame restriction restricted Aquan, and Aquan only. Bombazar, Dragon of Destiny, on the other hand was not restricted or stopped in any way. Therefore, with the loss of its main engine, Aquan and Hell Slash decks were severly weakened and there was nothing that can stop Bombazar anymore.

DM-13 Stage

In the Spring Challenge Battle of 2005, Bombazar decks had literally occupied over 70% of the decks used. There is virtually no way to stop Bombazar with Aquan restricted and once it gets out, there is usually not much that the player can do and the game will end regardless of any interference with the sweep.

Bombazar decks began to take over all places where the tournaments were held, and especially the Kanto open and regular class of the spring challenge battle had all top 16 qualifiers which were all Bombazar decks and thus players began to call the game "Bolbalmasters". All other decks that do not use Bombazar were considered nothing short of paper garbage and any Fire or Nature deck that does not use Bombazar cannot compete with those who do.

DM-13 Eternal Phoenix also contained many cards supporting Bombazar, such as Judgement of the Flame's Spear and the Water's Blade which wiped out all Rush decks, and Galamuta, Matchless Fear Lord which serves as a anti-shield trigger in place of Cursed Totem since unlike Cursed Totem it was not affected by Bombazar's removal. Now a new form of Bombazar has appeared; the Bolbalblack removal control decktype. Additionally, non-Bombazar decks had began to use Judgement of the Flame's Spear and the Water's Blade as well.

Due to the extreme disillusionment and distrust against the developers caused by Bombazar, Dragon of Destiny, it was put into the Hall of Fame at the 15th of July.

Competitive Decks

  • Initiate/Guardian/Gladiator (L/W/D)
  • Deckout (L/W/D/F)
  • Bolbalzak Beatdown (F/N)
  • Bolbalzak Blue (W/F/N)
  • Bolbalzak White (L/F/N)
  • Bolbalzak Black (D/F/N)
  • Red White (L/F)
  • Red Green (F/N)

Important Cards

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.