Episode 2
Japanflag.png エピソード2ツー (Episōdo 2)
DM Creature World Map F.jpg
Icon(s): E2.png
Next: Episode 3 E3.png
Previous: Episode 1 E1.png
Dmwiki: Article (block)
Article (metagame)

Episode 2 is the 11th block of card sets in the Duel Masters trading card game.

Nomenclature

DMR expansions are named after the suffix of the trump card of the set.

Each of these cards are part of the Onimaru family of creatures.

List of Sets

It is composed of sets released after April 21, 2012.

DMR Sets

DMD Sets

DMX Sets

It also features promotional cards from Year 11.

Plot

As the hyperspatial zone is lost due to the sinister Unknown, The Unknown and their powerful leaders whose existence transcends all, the Zenith, declared war on the creature world. From there they started controlling creatures of various Races and those who do not get controlled, led by the "Twins of hope" Onimaru and Shuramaru, create resistance groups themselves to stand up against the invaders. However one day Shuramaru was abducted and two of the guards betrayed to the unknown. An epic war is about to unfold...

Metagame

Details

デュエル・マスターズ11番目のシリーズ。 「エピソード2」はそのまま「エピソードツー」と読む。 ブロックマークは「E2」(=Episode 2)。

種族をテーマとしたセットであり、特定の種族とシナジーするカードが多く収録される。同時に、いずれの文明にも属さない「無色」のカードが初めて登場した。 また、アンノウンを始めとした強力な重コストクリーチャーや、新システムのガチンコ・ジャッジなど、セットを通して大型クリーチャーを使用することを推奨している。

背景ストーリーでは、世界を支配しつつあるアンノウンに、レジスタンス組織「ゴールデン・エイジ」を中心に各種族が抗う姿が描かれている。

現在、このセットに当てはまるエキスパンションは、

特定種族をフィーチャーし、無色が初登場した DMR-05 「エピソード2 ゴールデン・エイジ」 新たに闇天使・光悪魔が登場。強力なビクトリーが収録された DMR-06 「エピソード2 ビクトリー・ラッシュ」 アンノウン以外を種族に持つゼニスが登場しゼニスではない無色のクリーチャー、新種族トライストーンが登場した DMR-07 「エピソード2 ゴールデン・ドラゴン」 強力な進化ゼニスやガーディアンが多数登場。エピソード2を締めくくる DMR-08 「エピソード2 グレイト・ミラクル」 の4つ。

覚醒編とエピソード1でサイキック・クリーチャーのプッシュが続いたため、このシリーズではデッキに入るクリーチャー、特にフィニッシャークラスのファッティに焦点が当たっている。

鬼丸「覇」やゼニスなど1枚で勝負が決まりかねないオーバースペックなカードが増えた事が特徴。そのため、それらの大型を出す為に使われた《ミラクルとミステリーの扉》や《ホーガン・ブラスター》などのコスト踏み倒し呪文の殿堂入りが目立つ。

また、このシリーズで誕生したデッキタイプは非常に多く、フィーチャーされた種族テーマは漫画やアニメで多くのキャラクターが使っている。

このセットよりビクトリーの仕様が変更。「≡V≡」をあしらった専用のホイルが施され、カードの各部が金メッキで装飾されている。 同時にベリーレア・MODE→CHANGEのホイル仕様も変更された。 エピソード1に引き続き、MODE→CHANGE・DASHゴールデンリストが導入されている。 このセットより、シークレット限定収録のカードが登場した。 今シリーズでフィーチャーされた種族は次のとおり。種族によって強化の差が激しい。 光エンジェル・コマンド ガーディアン メカ・デル・ソル イニシエート 光デーモン・コマンド サイバーロード/サイバー・コマンド リヴァイアサン リキッド・ピープル グレートメカオー ドラゴン・ゾンビ ゴースト ヘドリアン 闇エンジェル・コマンド レッド・コマンド・ドラゴン ヒューマノイド アーマード・ドラゴン ファイアー・バード ジャイアント スノーフェアリー ビーストフォーク ドリームメイト ワイルド・ベジーズ キング・コマンド・ドラゴン ハンター エイリアン アンノウン ゼニス 背景ストーリーはエピソード1の延長線上ということで、ハンターとエイリアンがひき続きフィーチャーされている。 特に主人公の鬼丸に代表されるヒューマノイドのほとんどが、かつて敵対関係にあったハンターとエイリアンの種族を併せ持っている。 【ミラクルとミステリーの扉】や【ターボゼニス】によって環境の低速化を招いた弾であり、これによって【黒緑速攻】や【ヒラメキドレーン】、【ドロマー超次元】の台頭を促した。ただし【ヒラメキドレーン】については極めて限られた層にしかその有用性が把握されておらず、エピソード3のデュエルロード優勝景品である《終末の時計 ザ・クロック》や《偽りの王 ナンバーナイン》争奪戦で濫用されるまでは、その凶悪さを世に知らしめることはなかった。 話題性が多かった反面、トレーディングカード市場の縮小によるTCG界隈の不況もあり、売り上げはエピソード1時より低下して覚醒編時の売上と同程度に落ち込んでいる。《勝利宣言 鬼丸「覇」》に代表される資産ゲーが新規層の獲得を阻害した可能性も否めない。ドラゴン・サーガを迎え、革命編で大改革が実施されるまで、デュエル・マスターズの売上は降下線をたどる事になる。

DMR-05 Episode 2: Golden Age introduced Zero Civilization cards and non-psychic Victory Rare.jpg Victory Creatures.

Starting from this block, Victory creatures had made a huge impact on this game as they were no longer only parts of a difficult to link Psychic Super Creature, but instead juggernauts of their own that can decide the outcome of the game by themselves.

The block also introduced the races of Zenith, Unnoise and Tristone creatures.

DMR-06 introduced Light Demon Commands and Darkness Angel Commands.

Card power increases to an unreasonable level, with most creatures in the metagame being creatures that have 6000 power or more, usually over 12000 power.

Competitive Environment

DMR-05 Stage

Anti-spell meta occurred with the combo of Batou Shoulder, Shadow of Fiction and Lost Mind Torture. Funk, Guard of Hope appeared as a new way to severely weaken psychic creatures for the rest of the game. Reckless Cut Scrapper and Noble Adele, Light Weapon were used to weaken rush.  

Also with the new additions in the Hall of Fame of Bolbalzak ExLambda Beat and N EX were less used and Crimson Sorge disappeared due to the combo ban of Codename Sorge and Jin, the Ogre Blade ~Crimson Rage~ . However Cyber N World and Seventh Tower had remained a powerful combo for N EX and Dreaming Moon Knife + Evolution Totem + Cosmo Cebu Lambda, the Super Electromagnetic still remained a strong combo for Lambda Beat.  

Among the meta decks from Episode 1, Volg Thunder Deckout was not affected and was actually strengthened by the addition of Batou Shoulder, Shadow of Fiction. Even with the disappearance of Crimson Sorge, Volg Thunder was still abused for its devastating milling effect.

Forever Princess, Eternal Ruler was brought as a counter to the milling strategies of such decks. 

DMR-06 Stage

Onimaru "Head", Victory Rush and Wedding, Zenith of "Celebration" were reminiscent of the older Bombazar, Dragon of Destiny and Bolmeteus Sapphire Dragon through their extra-turn gaining and powerful shield burning abilities.

Miramisu decks started to appear focusing on Onimaru "Head". Seventh Tower was used to further accelerate mana in N EX decks in which Wedding and Radio Roses, Zenith of "Wisdom" appeared. With the release of Wedding Gate, Christie Gate and Mendelssohn new decks focusing on Darkness Angel Commands, Light Demon Commands and Dragons were made.

Wild Veggies Beatdown got reinforced with the addition of Don Grill, Flavor Chief. DFN beatdown decks focusing on strike back creatures were enforced by Dual Shock Dragon. Codefight Alibi Trick and Perfect Madonna, Light Weapon were used to create an infinite blocking loop. Radio Roses, Zenith of "Wisdom" and Wedding, Zenith of "Celebration" were used as finishers in control Zenith decks.

DMR-07 Stage

Codeking Wilhelm appeared as functional creature and mana removal while also charging mana for the owner. Miramisu and Zenith Turbo decks quickly ascended to the top of the meta. Savage Earth began aiding mana acceleration control decks. 

Kaiser "Blade Demon", Zenith of "Certain Victory" was used to aid decks with creatures such as Onimaru "Head", Victory Rush, Ryusei Kaiser, the Eternal, Forever Princess, Eternal Ruler or Bolbalzak Ex. VAN Beethoven, Zenith of "Shura" was created as a way of locking down such decks and many more for good.

DMR-08 Stage

With the adding to the Hall of Fame of both The Door of Miracle and Mystery and Seventh Tower, Miramisu and Zenith Turbo were weakened. However, Zenith Turbo found new ways of mana accel with cards like Pixie Life and Evolution Burst - Into the Wild. As for Miramisu, it started using Onishura, Golden Twins in combination with Savage Earth and Hogan Blaster, as well as resorting to Gachinko Roulette and Child Festival of Faerie Fire for mana acceleration, but it was still restricted in many ways due to the loss of four copies of its trump card. Royal Straight Flush KaiserTrueking Viola Sonata and Balga Raizou, the Super-Heavenly Nova aided Drama decks.

Competitive Decks

Important Cards

Trivia

  • Episode 2 resembles Phoenix Saga; both of them have a center antagonist race that consists of mighty and world-destroying existences who have most of its members having 13000 power or more power and an extremely powerful effect under a condition, as well as being centered on race strategies.
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.