FANDOM


This deck page is a Deck stub that needs improvement.
You can help the Duel Masters Wiki by editing it.
Dolgeza
ドルゲーザ (Dorugēza)
Japanese Wiki: 2313

Dolgeza is a race deck type.

Details

The deck uses Dolgeza, Veteran of Hard Battle as a finisher that can draw multiple cards after swarming the field with Giants and Earth Eaters, summoning it at a cheap cost with the Sympathy keyword.

Dolgeza, Veteran of Hard Battle
Water + Nature / Creature / 9000
Earth Eater + Giant / 9000

■ (This creature is put into your mana zone tapped.)

■ Sympathy: Earth Eater and Giant (This creature costs 1 less to summon for each of your Earth Eater and Giant creatures in the battle zone. It can't cost less than 2.)

■ When you put this creature into the battle zone, you may draw a card for each of your Earth Eaters in the battle zone. Then you may draw a card for each of your Giants in the battle zone.

■ Double breaker


Recommended cards

Recommended cards: Reason:
Dolgeza, Veteran of Hard Battle Main Finisher and Draw Source
Dolgeyukimura, Last Ninja Secondary finisher with Gravity Zero ability
Jasmine, Mist Faerie
Faerie Life
Mana Acceleration

Giant cards

Pre-DMRP Series

Recommended cards: Reason:
Kirino Giant Cost reduction and Giant Saver
Cloud Giant Deck search for a Shinobi
Trap Giant Shield Trigger creature. Mana Feed.
Curry Giant
Titan Giant
Manner Giant
Shirauo Giant
Takasuki Giant
Gorgeous Giant
Binge-Eating Giant
Benijishi Spider
Kankuro, Peerless Brute
Truename Giant Mac
Codename Hungry Elegance
Vilem Arc, the Brute Dragon
Girimegis, Demonic Strike Armor
Third-Eye Giant
Italic Giant
Don Dodofel, Raging Battle Dragon
Pancake Giant
Taiyaki Giant
Macaron Giant Gives your giants "speed attacker" and "power attacker +3000".
Elegant Antoinette

Post-DMRP Series

Recommended cards: Reason:
Analith, Cyber Armor Mana Acceleration or Hand Advantage
Deathmatch Beetle Anti-For No Cost creatures
Sarutobi Giant, Dolge Ninja Strike 5 and Mana Acceleration. Self Discard for the Madness of Baiken, Blue Dragon of the Hidden Blade.
Seikaizer, Dolge
Teranesk, Hard Battling Ancient Dragon
Great hand advantage and Mana Acceleration. Chose wisely depending on the build of the deck.
Saizoumist, Dolge Ninja Strike 7. Shield Addition. Prevents deck-out by shuffling your graveyard into the deck.
Sniper Mosquito Lightweight Giant Insect. Mana Recovery.

Light Water Lockdown

Recommended cards: Reason:
Rafululu, Sound Faerie Prevents casting.
Miradante Twelve, Time Pope Prevents summoning.

Evolution

Recommended cards: Reason:
Xenon Da Vinci, Master of Space Soulshift, Pig Ability, brings out a Giant from mana.
Truegiant Dokaben Soulshift, can't be Chump Blocked.
Ida, the Great Enigma Lightweight Double Breaker with Mana Evolution.
Asura, the Great Enigma Draw, Mana Acceleration, Shield Addition.

Other (Ninja Strike / Defense)

Recommended cards: Reason:
Falconer, Lightfang Ninja Gives blocker.
Orochi of the Hidden Blade "Transmogrify" ability.
Hanzou, Menacing Phantom Decrease Power.
Zerokage, Lightfang Lord Blocker.
Baiken, Blue Dragon of the Hidden Blade Draw Engine. Bounce.
Memento Guardian Shrine, Prison Court of D Gives blocker, taps creatures.

Other Spells / Cards

Recommended cards: Reason:
Cyber Tune
Emergency Typhoon
Self Discard for Baiken.
Cyberdice Vegas, Gambling Expert of D Cast water spells during opponents turn.

Earth Eater cards

Recommended cards: Reason:
Space Crawler
Akadashi, Izanai's Battle Attack
Svengali Crawler
Gaiacrush Crawler
Dorvolan, the Battle Attacking Dragon Rider

Hyperspatial Cards

Recommended cards: Reason:
Cebu Algol, Electro-Vanguard Earth Eater, psychic that cost 5 or less.
Yanus Crawler, of the Temporal Foundation PiG ability, psychic that cost 4 or less.
Hyperspatial Faerie Hole Bring out Severance and Kankuro.
Hyperspatial Revive Hole Bring out Rumble.
Severance, the Awakened Giant Brought out from Faerie Hole.
Kill, Temporal Brawler Brought out by Cebu/Yanus.
Kankuro, Temporal Actor Awakens when you have a 7000+ power creature.
Rumble, Temporal Sage Easy to awaken by Space Crawler.
Intense Boiling! Hot Spring Gallows Double the CiP of Dolgeza.

Spells

Recommended cards: Reason:

How to Play

2マナブーストの《フェアリー・ライフ》 《霞み妖精ジャスミン》からスタートし、 《西南の超人》 《華麗の超人》 《スペース・クロウラー》などを出す。

《西南の超人》が次のターンまで生き残れば、 シンパシーとコスト軽減で《剛撃戦攻ドルゲーザ》がいきなり出せる。

《華麗の超人》はアタックトリガーで大量にマナブーストできる可能性がある。 破壊されるとマナゾーンに行くので無駄になりにくいのも強みである。

中型のジャイアントとアースイーターが数体並べば、その分《剛撃戦攻ドルゲーザ》のスペックも跳ね上がる。 《西南の超人》のコスト軽減も活用すれば、恐ろしい速度でクリーチャーが展開していく。

DM-36が発売され、 超次元 呪文が現れるとそれを取り入れたタイプも現れた。

5 マナの状態で《超次元フェアリー・ホール》から《巨人の覚醒者セツダン》を呼び出せば次のターンには《剛撃戦攻ドルゲーザ》が呼び出せたり、 シンパシー元として優秀な《スペース・クロウラー》が《時空の賢者ランブル》の覚醒条件を満たしてくれるなど、スムーズに新しいギミックを扱うことができた。

また、逆に相手の超次元 呪文に対抗するために《封魔ゴーゴンシャック》や《ガイアクラッシュ・クロウラー》を入れたタイプもある。

《宇宙巨匠ゼノン・ダヴィンチ》を取り入れた型もある。 《奇兵の超人》で2枚サーチできるので運用しやすい。 pigで《剛撃戦攻ドルゲーザ》 《剛撃竜騎ヴィレム海舟》 《真実の名 ジャイアント・マック》が出てくるので、なかなか侮れない強さを持っている。

基本となる動きは水と自然のみで完結している。 したがって、サイドカラーに何を持ってくるかでデッキの動きにバリエーションを付けやすいのが特徴である。 さらに、4 色以上で構成しても《剛撃戦攻ドルゲーザ》のドロー 能力のおかげで安定性を失いにくい。

入れるカードによって備わる利点は以下の通り。

Light

優良なブロッカーによるビートダウンへの耐性がつき、 《光神龍スペル・デル・フィン》 、 《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》などの相手をロックするカードを投入できる。

Darkness

除去やハンデスを撃つことができ、それらを《剛撃戦攻ドルゲーザ》で補充することができる。 強力かつ《剛撃戦攻ドルゲーザ》とマッチした《ガンヴィート・ブラスター》や《魔天降臨》を使用できるのも強み。 特に《魔天降臨》は決定力の高いフィニッシュ手段である。 シノビドルゲーザも多くはこの色 。

Fire

火力によってビートダウン 、特に速攻に耐性が付き、 《無頼勇騎ウインドアックス》などのブロッカー 除去もふんだんに積めるので突破力も高まる。

《マイキーのペンチ》によるジャイアント総スピードアタッカー化なども。 革命ファイナルでは《激龍剛撃ドン・ドドフェル》等有用な火 / 自然の多色ジャイアントが増えたため有力な選択肢に。

《西南の超人》でコスト軽減した《鯛焼の超人》によって2コストで4枚マナをアンタップできるため、《ドルゲーザ》で増やした手札を活用して大量展開させることが可能。

《マイキーのペンチ》に代わる《チキチキ・JET・サーキット》や《焼菓子の超人》の登場によりワンショット性能も高い。

Darkness and Fire

クリムゾン・メガ・ドラグーン》や《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》によって、 自然水火構成よりさらに突破力が高まる。 それでもシンパシー元は十分に確保しておきたいが。

《剛撃戦攻ドルゲーザ》のシンパシー元になる軽量ブロッカー 、 《スペース・クロウラー》の能力が強力になるので、4 色にも関わらず安定性は落ちづらい。

Water and Nature

他文明の強力なカードをいれることは出来ないが、序盤からより安定した展開がのぞめる。 《奇兵の超人》から《大神秘イダ》や《宇宙巨匠ゼノン・ダヴィンチ》等強力な進化クリーチャーへつないでいくのが基本となり、総じてビートダウンや大量展開に特化した型になる。

どの色を入れるかは大体は個人個人の好みの問題であることが多いので、自分に合ったものを入れるといい。

いくらシンパシーでコスト軽減できるとはいえ、中型のものが多いので、 マナブーストは必須といえる。 除去コントロールのように粘ってから出してもよいが、このデッキは《剛撃戦攻ドルゲーザ》が動き出してから真価を発揮するため、あまりおすすめできない。 ただ、後続のカードを引いてくることができるため、 フィニッシャーの候補に挙がることもあるだろう。

Weaknesses

メインカードの《剛撃戦攻ドルゲーザ》は8マナと重いことが難点である。

よって、 コスト軽減の《西南の超人》や、 シンパシー元のジャイアントが次々に除去されてしまうと動きが非常に緩慢になってしまう。 また、《ドルゲーザ》を出す前にハンデスされても、動きがそこで止まってしまうので苦しい展開となる。

こちらもハンデスで対抗するなどの対策を講じたいところである。

Other

  • 戦国編環境では一時メタゲームに組み込むものの、 バトルゾーンのジャイアントに依存するゆえの不安定さ、 《剛撃戦攻ドルゲーザ》自体の重さから、それ以降は目立った活躍から遠ざかっている。 もっとも中堅デッキとしてはまだまだ有力なので、組み意義は未だにあると言える。
  • 《西南の超人》がいる状態ならば、 《絢爛の超人》を2マナでマナ爆誕で召喚し、そこから2マナで《宇宙巨匠ゼノン・ダヴィンチ》 、または1マナで《真実の大神秘 星飯》に進化させるというプレイが可能。
  • 《大宇宙シンラ》や《大神秘ハンニャ》を楽に採用できるため、 クリーチャーコントロールに対してはある程度強め。 ただし、自分も損害を受けるため、やや本末転倒の感がある。
  • 亜種として、 シノビを加えて練り上げられたシノビドルゲーザ 、 ランデス デッキにドルゲーザを組み入れたランデスドルゲーザがある。
  • 「ドルゲーザには《西南の超人》が必須カードだ」という固定概念が数多く見受けられる。 ただし、必ずしも《西南の超人》を採用する必要はなく、最終的にデッキから抜ける場合もある。
  • 《魂の呼び声》と《西南の超人》を合わせれば、3→4→5の流れできれいに《剛撃戦攻ドルゲーザ》を呼び出せる。
    • 3 ターン目:呼び声を唱える(西南、ドルゲーザ、ジャイアント1体の順番)
    • 4ターン目:西南を召喚
    • 5ターン目:5マナになったドルゲーザを召喚、3ドロー
    • 《フェアリー・ライフ》に速さでは劣るものの、 ハンデスに引っかからないという大きな利点を持つ。
  • 《戦攻のイザナイ アカダシ》などを使ってアースイーター軸で組むことも一応できるが、 ジャイアントのシナジーが優秀すぎるために、 ジャイアント軸で組まれることが圧倒的に多い。
  • 種族カテゴリの裁定により、 ジャイアント・インセクトもジャイアントに含まれるようになり、 デッキビルディングの可能性が広がった。
Deck Types
Beatdown
RushBeatdown
Control
Removal controlCreature controlHyperspatial Control
Heaven's GateMana burn5-color deckTurboLockLoop
Combo
For No CostReanimateInstant DeathOne Shot Kill
TriggerMadnessOther Combo decks
Other Deck Types
Race deckEvolutionGodFull CreatureNon Creature
Mono-LightMono-WaterMono-DarknessMono-FireMono-Nature
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.