FANDOM


This article is a Article stub that is short and needs improvement.
You can help the Duel Masters Wiki by expanding it.
Certified Grand Prix
公認グランプリ (Kōnin Guran Puri)
dm-wiki: Article

Certified Grand Prix is a tournament event.

Details

高年齢層をターゲットにしたタカラトミー公認の大規模大会。競技運営ルールによると公式大会として位置づけられる。このような大会はデュエル・マスターズ14年目にして初の試みとなる。

2015年、デュエルロードの廃止に伴い、イベント体系をデュエ祭、全国大会、公認グランプリ、チャンピオンシップに変更することが告知された。公認グランプリはこの一環で設置された。以降は年に1~2回のペースで開催される。会場の都合や全国大会との日程調整の兼ね合いもあり、春から夏にかけての時期に集中して実施される。

初回となる「デュエル・マスターズグランプリ-1st」では、当初から1080人規模で行われることが告知されており、このような規模の大会はデュエル・マスターズ史上初となる。追加募集もあり、応募人数1156名、最終参加人数1114名で無事に実施された。人数に対応するため、全国各地からチャンピオンシップ主催経験者が集められた。

予選はスイスドロー7回戦で上位64名が通過し、決勝はトーナメント6回戦で行われた。決勝進出者64名には限定版《龍覇 イメン=ブーゴ》が、上位8名には限定版《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》が贈られた。これ以外にも成績に応じて、公式大会のシード権や、ドラゴン・サーガビクトリーセットなどが贈られた。なお、《龍覇 イメン=ブーゴ》に関しては上位64名以外にも同率得点者が3名発生したため、この3名にも特別に贈られている。

参加費は3500円と比較的高額であったが、限定プレイマットや限定版《古龍遺跡エウル=ブッカ》、さらにDMR-17を6パックと、豪華な参加賞が配布された。

サイドイベントや限定グッズ販売、シャドーアート展示会、イラストレーターのサイン会なども実施され、本戦参加者以外も来場者を楽しませる工夫が施された。

会場の様子はニコニコ生放送で実況中継された。プレミアム会員であれば現在でもタイムシフト視聴が可能。テキストカバレージも用意されている。

GP-2nd以降は一気に2000人規模に倍増された。その人数に対応できるようにするためか、事前に認定ジャッジ検定を実施してタカラトミー認定ジャッジを選定し、そこからジャッジを積極採用する方式が採られた。2016年10月現在、東京で実施されたほか、兵庫でも開催さた。地方開催の足がかりとして位置づけられている。

List of Events

Event: Date: Venue: Sponsor:
1st 2015/08/01 (Saturday) Esforta Arena Hachioji Full Comp
2nd 2016/05/28 (Saturday) Tokyo Distribution Center Hobby Station
3rd 2016/09/19 (Monday) Kobe International Exhibition Hall Building 3 Full Comp
4th 2017/04/16 (Sunday) Ikebukuro Sunshine City A Hall Hobby Station
5th 2017/10/14 (Saturday) Kyoto Pulse Plaza Exhibition Hall Full Comp
6th 2018/4/21 (Saturday) 幕張メック国際展示場2番ホール Full Comp
7th 2018/10/8 (Saturday) 京都パルスプライン大展示場 ホビーステーション
9th 2019/4/13 (Saturday)
2019/4/14 (Sunday)
幕張メッセ展示ホール8 ホビーステーション

Artists and Cards

(The Top 64 award was previously the top 128 award before GP 4th.)

Event: Artist: Top 8 Award: Top 64: Participation Award:
1st kawasumi
NAKAMURA 8
Toshiaki Takayama
Kaiser "Blade Demon", Zenith of "Certain Victory" Imen=Bugo, Dragon Edge Euru=Bucca, Antique Dragon Ruins
2nd Daisuke Izuka
NAKAMURA 8
Diehard Ryusei of Invincibility Intense Vacuuming Twist Jenny, the Suicide Doll
3rd YOICHI ITO
nejita
Murakami Hisashi
Codeking Wilhelm Crystal Memory Honenbe, Skeletal Guardian
4th otumami
shosuke
YOICHI ITO
5000GT, Riot Oriotis Judge
(Top 128)
Faerie Life
5th Ittoku
NAKAMURA 8
Futaro
Bolshack Dogiragon Cyberdice Vegas, Gambling Expert of D
(Top 128)
Prelude of Horror
6th Murakami Hisashi
lack
Mikio Masuda
Deadzone, S-Rank Zombie Ragnarok, the Clock Memento Guardian Shrine, Prison Court of D
7th Boyaking
RUI MARUYAMA
96suke
Dorago the Great, Dragon World Entertainer of Stealing and Lying
(Top 128)
Cyber Tune
8th

MaltNEXT, Super Battle Dragon Edge Mixel, Strange Stone / Jamming Chaff Mystery Cube

Formats / Winning Deck / Capacity

Event: Format Winning Deck: Capacity
1st Hall of Fame Imen Loop 1000
2nd Hall of Fame Marshall Loop 2000
3rd Hall of Fame Darkness Fire Dogiragon Buster 2000
4th Hall of Fame MaltNEXT 2000
5th Hall of Fame Rosia Miradante 2000
6th Hall of Fame / Team Warfare Water Darkness Discard
LWD Rosia Miradante
5c Faerie Miracle
3000
7th 2 Block Constructed Light Colorless Savark 2600
8th 2 Block Constructed (Day 1)
Hall of Fame (Day 2)
Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.